読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cinematheque 30/- blog

いつも心にデカダンを。

【日記】2017年4月20日

(Yokohama, 2017) 気がつくと、春どころか夏日になっている。冬の終わりにばっちり季節病が悪化して、ものを書く気が起きず、instagramで細々活動していました。ほんとに細々だけど…そしてちゃっかり宣伝。この写真もinstagramから転載したもの。このひと、…

【日記】2016年11月11日

10月のひきこもり期間に、昔フィルムで撮った写真を見つけた。 おそらく、10年ほど前のものだろう。相変わらずへたっぴだが、思い出を封じ込めることには成功したようだ。初秋の九十九里浜、チューリヒ空港、パリの空、などなど、、、いまとなってはもう何処…

【日記】2016年10月19日

なーんかダメな日。くるしい日。というものが、10月に入ってから続いている。薄曇りの日は引きこもって本を読んでいたいと、子どものように愚図っている。ちゃんと仕事してるけど。 大人気ないと自覚があるのに、医師は「(今は)本を読む時期だもの。」とに…

【日記】2016年10月11日

北京旅行の写真をギャラリーで更新しました。微々たるものですが・・・ http://www.sanmarutan.com/beijing-2016 やっぱりもっと撮りたかったし、頭の中で企画もあれこれ沸いてくる。 北京は不思議な街です。早くもう一度行きたいな。 病み上がりもあって、…

【日記】2016年9月14日

(Higashi-shinjuku,2016) 8月最後の更新からあっという間に時が過ぎ、気づけば夏も終わりの今日この頃。 何してたんだっけ…と思うと、意外といろいろやっていた。 ・帰省(基本おさんどん) ・仕事のちょっと大きいヤマ ・ホロコーストおよびポーランド研究…

【日記】2016年8月10日

(Kanazawa,Ishikawa / Japan 2016) 大事な局面で風邪をひいたり、出張前後が意外と忙しかったり。つくづく計画性がないな・・・と呆れつつ、転がるように2週間が過ぎて行った。出張帰りに訪れた金沢、ブルックリンから来たバンドが歌舞伎町に最高のヴァイ…

【日記】2016年7月26日

(Siem Reap, Cambodia, 2014) このブログの最初におひっこしという他ブログからの移転記事を書いたところ、はてなから旧ブログへの逆アクセスも頂き、あちらが前代未聞の繁盛ぶりになってしまった。それは言い過ぎかな。とにかく、興味を持って頂けてとて…

【日記】2016年7月25日

(Songjiang, Shanghai 2012) 予想どおりのマニック・マンデー。休日のまぶしさから立ち直れないでいる。小学生か。 というのも先週の土曜、とあるジャズ喫茶で、この夜だけは昭和歌謡のレコードをリクエストして都内屈指のオーディオセットで聴けるという…

【日記】2016年7月21日

昨日から掲載を始めた、アウシュヴィッツをめぐる旅行記。ほぼ2年前のこともあってか、鮮烈に覚えているところと曖昧なところが入り混じっている。そこへ『夜と霧』の原作(ヴィクトール・E・フランクル)を読んだりすると、記憶がよみがえったり拡がったり…

【日記】2016年7月19日

会社を出たらちょうど雨上がりだった。蒸した空気の向こうから、森の香気が立ちのぼってくる。ひぐらしは夏の終わりに鳴くものと思ったが、ここでは油ぜみと合唱している。 ミニマリストにはなれそうもないな、と思う。この匂い、空気の温度、ひぐらしの声と…

【日記】2016年7月17日

早朝ラン。走ること自体久しぶりすぎて、鈍った体に愕然とする。 それでも光や風や樹々の息遣いに助けられ、少しずつ体がリズムに乗ってくる。地面を踏みしめる足の沈み具合、振られる腕の筋肉の動き、背筋に通る骨の傾き…、もろもろのことが鮮やかに分かっ…

【日記】2016年7月13日

すっかり夏の雰囲気。野暮用で小伝馬町へ行ったら、なんともいい風景を見つけた。 呑み屋だったらしい。ものとひかりが静物画みたいで、その場でパシャリ。

ささやかなグローバル問題

ギャラリーおよび、このブログの呼び込みは現状instagram頼りで、そこでいいね!をくれる人の大半は外国籍のユーザーさんたちである。お蔭でどこにあるか見当もつかなかった国の絵画教室と繋がれたり、知る人ぞ知る楽器の知られざる職人さんを見つけられたり…