読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cinematheque 30/- blog

いつも心にデカダンを。

【旅日記】金沢(兼六園)

時間が無く、瓢(ひさご)池の脇をほぼ通り抜けただけになってしまいましたが、それでも趣は堪能できました。やはり日本庭園は良いですね。

f:id:kojimat:20160815143325j:plain

瓢池周辺(その①)。ひょうたんの形をしていることから瓢池と名付けられたそう。

f:id:kojimat:20160815143205j:plain

瓢池周辺(その②)。優雅な水辺です。

f:id:kojimat:20160815143458j:plain

夕顔亭。安永3年(1774)に建てられた、園内最古の茶室です。建物脇には「竹根石手水鉢(たけねいしちょうずばち)」と呼ばれる、非常に珍しい古代ヤシ類の化石があります。「手水鉢」と形容されるのは、その名の通り幹の中が空洞になり水が溜まるからでしょう。

f:id:kojimat:20160815144035j:plain

おまけ:兼六園を出たところの道で。金沢と白無垢…非常によく合いますね。白さがひときわまぶしく、美しく感じられました。

 

kojimat.hatenablog.com

 

 

kojimat.hatenablog.com

 

 

kojimat.hatenablog.com