読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cinematheque 30/- blog

いつも心にデカダンを。

極私的ミュージックビデオベスト3(2016年版)

musique(音楽)

何故3つしかないかといえば、自分の探求が足りなかったからです。

これも面白い、すごかった、美しい!!というものがあれば、いつでも教えてください。

3位:『daydreaming』REDIOHEAD


Radiohead - Daydreaming

往年のトムヨ節に重なる、淡く不可思議な映像。話題性では同じアルバムの『Burn The Witch』が突出しているけれど、個人的にはどこで観ても、聴いても、しんみりとなれるこの曲の世界観に親しみを覚えました。

2位:『Voodoo In My Blood』massive attack feat.Young Fathers

youtu.be

一目見て大興奮。我らがロザムンド・パイクに幸いあれ!

昨年前半はこの曲および収録EP『Ritual Spilit』ばかり聴いていました。

主人公が地下に降りて未知のもの(自分自身?)と遭遇するストーリーはかつての「Angel」を彷彿とさせます。のっけから涙ぐむロザムンドの姿に、ただただ心地よい屈服を感じるばかり。

1位:『Wide Open』The Chemical Brothers feat.Beck


The Chemical Brothers - Wide Open ft. Beck

年始早々リリースされたMVですが、年末に初めて観ました。そして魂消ました。

歌詞とシンクロしながら、さらに世界を広げていくすばらしい映像。

3:35 〜 3:40に見られる鏡のシーンも示唆に富んでいます。

憂い顔が美しいダンサーのお名前はソノヤ・ミズノ。日系イギリス人のバレリーナで、モデルで、女優とのこと。一昨年『エクス・マキナ』で映画デビューし、昨年はユニクロのcmにも起用されていたそう。テレビ観ないから知らなかった…にしても『エクス・マキナ』観てないのはダメでした。

近頃話題の映画『ラ・ラ・ランド』にも出演しているそうなので、観に行こうかな。

ーーーーーー

ここ数年大好きなFKA twigsも意欲的な映像が多かったけれど、前年のはっちゃけぶりがすさまじく(『M3LL155X』『Glass&Patron』など)、どちらかというとライブ映像がパワフルだな、と思っていたら新年早々すごいものを見られました。


FKA twigs x Nike – do you believe in more? (Full Edition)

今年も絶好調の予感です。早く再来日しないかな。

そして今年はもっとあるはずのいい曲、いい映像をたくさん見つけられたらと思います。